• その経営キケンです

労務実例Q&A

就業規則に使用期間延長の規定を設けることで延長は可能です。仮に延長の規定がない場合は、労働者より個別に同意を得る必要があります。この場合でも、延長期間が長くなる場合は公序良俗に反し無効となる恐れもありますので、最大でも6ヵ月程度にすることをお勧めします。


有記契約に置いても、最初の3ヵ月間を使用期間と位置つけることは可能ですが、3ヵ月経過時点で契約を解除するためには、通常より広い範囲で解雇は認められ得るとしても、客観的に合理的な相当な理由が必要です。有記契約に置いても、最初の3ヵ月間を使用期間と位置つけることは可能ですが、3ヵ月経過時点で契約を解除


両者の合意の解約が成立しているため変更を認める義務はありません。


PAGE TOP